債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 国債は国が発行する債券

国債は国が発行する債券

国債は元本の返済や利子の支払いについて、国が保証している債券です。

1年に2回利子をもらえて満期になると額面金額が返金される仕組みです。

100万円で利子が2%の10年国債を購入した時は、国債を保有している限りは半年に1万円の利子がもらえます、その後で満期になれば100万円の元本と1万円の利子が支払われます。

国債について

国債を購入したい場合は、証券会社などの金融機関で購入できます。

国債の種類は普通の国債や個人専用の国債など他にも種類がたくさんあります。

個人で購入できる国債には満期になる期間によって2年・5年・10年があってどれも5万円単位で購入することができて、購入できる限度額はありません。

それから国債の金利は年数が長くなる程に金利も高くなりますが、必ずしも満期まで10年の国債が良いとは限りません。

なぜかというと、国債は発行されてからの金利が変化しない固定金利の金融商品なので、満期まで10年の国債を保有している間に世の中の金利が上がっても保有している国債の金利は変わらないままになるからです。

一応国債は満期になる前でも売却できるんですが、売却する場合の注意としては、その時の金利が購入時の金利より高くなっていると売却しても損失になる価格の変動リスクがあります。

それとは逆で国債の購入時より世の中の金利が低くなっていた場合は国債の価格も上がって利益になります。

債券投資 国債

国債を購入するには

債券投資 国債国債を購入したい場合は証券会社などの金融機関で専用の口座を開設しないといけません。

それから国債は種類によっては購入したくても、取り扱いしていない事もあります。

なので実際に購入したい国債があったとしても、無理な場合があるので事前に確認する必要があります。

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 国債は国が発行する債券

ページのトップへ戻る