債券投資の初心者ガイド > 債券について > 外国の債券の注意点

外国の債券の注意点

日本の債券よりも金利が高いという事で外国の債券を購入してみようと思う人も多いと思いますが、外国の債券は日本の債券にはないリスクがあるので注意が必要です。

為替の変動に注意

外国の債券外国の債券を購入したとして、その債券が満期になった時に購入した時よりも円安だったら為替による利益がありますが、それが円高だったら、逆に為替変動のせいで損失を受けることになります。

損をした場合せっかく日本より高い利子でもらっていた利子分の利益も円高のせいで無くなってしまい、何だったんだと言うことになってしまいます。

債券と為替変動

例えば米ドルの債券を購入するとして、1ドルが110円だった時に100万円あれば約9090ドル分の債券が購入できます。

それからしばらくして円高になり、1ドルが100円の時に売却して円に戻すと90万9000円になるので9万1000円が為替による損失になります。

今度は逆に円安になったとして、1ドルが130円の時に売却して円に戻すと118万1700円になるので、18万1700円が為替による利益になります。

為替が10円違うだけで9万円近くも差がでる事になるわけです。外国の債券

運良く満期の時に円安になってくれれば外国の債券は利子も高いし為替での利益も得られるので一石二鳥という感じなんですが、上手く行く保証はどこにもありません。

なので、外国の債券に投資する時は、金利がいくらとかばかり見るんじゃなくて為替の動向にも注意して下さい。

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券について > 外国の債券の注意点

ページのトップへ戻る