債券投資の初心者ガイド > 債券について > 債券の価格は金利で変わる

債券の価格は金利で変わる

債券を上手に運用して行くなら、債券の価格変動をある程度は知っておいた方が良いです。

債券は満期になれば基本的には元利金が返ってくる安全な金融商品なわけですが、債券を途中で売却する時は、その時点での取引価格になるので場合によっては損することもあるからです。

債券の価格変動について

債券の価格が変動する原因に金利が上がったり、下がったりする事があげられます。

なぜ金利の上げ下げで債券の価格が変わるのかというと、債券というのは金利が固定されている事がほとんどです。債券 価格

最初に発行された時から満期になるまで金利は変わりません、なので債券を購入した後で世の中の金利が上がったとしても金利は変わらないままです。

でもこれから発行される債券の金利は上がっているので、誰も金利の低い債券は買わなくなるので、そのせいで債券の価値も下がり価格も下がっていきます。

なので債券が発行された時よりも、世の中の金利が上昇すると債券の価格は下がっていき、債券が発行された時よりも世の中の金利が下落したら、債券の価格は上がっていきます。

債券の価格変動で儲ける

債券の価格変動を利用して債券の価格が上がった時に売却してお金を儲ける事もできます。債券 価格

でもこういった儲け方は安定した資産運用とは違ってくるので注意して下さい。

債券の値上がりを目的にするのは安全性にも欠けるし、未来の金利の動きを完璧に知る事は不可能なので、いつか大失敗してしまう事もあるかもしれないからです。

大事な資産なので安定して運用させるのが1番です、だから満期まで債券を保有して利子収入を得る方法が良い方法だと思います。

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券について > 債券の価格は金利で変わる

ページのトップへ戻る