債券投資の初心者ガイド > 債券について > 債券とは何だろう

債券の金利について

債券で金利といえば大事な収益の柱なので、金利についていろいろと紹介したいと思います。

金利はどうやって決まるのか

金利はどうやって決まっているか知ってますか?

債券の金利がどうやって決まるのかというと、一番重要視されるのは景気です。

景気が良いと金利というのは上がります、そして悪いと下がるのが一般的です。

なぜかというと、景気が良いという事は会社の設備投資などが活発になってきます。

そして多少金利が高くてもお金を集めて設備投資する価値は十分あるという事で金利も上がっていきます。

それとは逆で景気が悪いと無理にお金を集めて設備投資をしなくても十分なので金利はあまり高くならないという訳です。

それから満期までの期間が長い債券が短い債券よりも金利は高く設定されます。債券 金利

金利の基準になる債券とは

日本の債券の金利を決める時に基準とされる債券が、新しく発行される10年国債の利回りです。

10年国債は債券の中でも一番流通量があって、金利の基準として一番適しているとされているので、ほかの債券の金利も10年国債の金利に合わせて決められます。

金利で良く感違いすること

利率

利率とは債券の額面金額の利子の割合のことです。

利回り

利回りとは債券を購入した価格に対する収益の割合のことです。

債券に書いてある額面金額と実際に購入した時の価格が同じだったら利率と利回りは同じ事になります。

債券の利回りの計算式

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券について > 債券の金利について

ページのトップへ戻る