債券投資の初心者ガイド > 債券について > 債券の種類

債券の種類

債券はたくさんの種類があるのですが、きちんと種類分けしてそれぞれの特徴を知っておくのは大事な事です。

債券を種類分けする方法は何種類かありますが、発行体での種類分けする方法があるのでそれを紹介します。

まず債券は、国や地方自治体が発行する公共債や企業が発行する民間債があります。

他にも外国の政府や外国の企業が発行する外国債があります。

公共債について

公共債といわれる債券の中では、国が発行するのは国債で都道府県や市などの地方自治体が発行するのが地方債です。

国債の中にも期間によって長期国債と中期国債などに分けられています。

他にも個人向けの国債というのも2003年から発行されていて個人投資の人達にも人気があります。

地方債ではミニ公募債(住民参加型市場公募地方債)が個人投資家の人達に人気があります。

このミニ公募債(住民参加型市場公募地方債)は集めた資金の使い道がきちんと決められていて公園を作ったり病院を建設したりと地域の活性化につながるという事で人気がある地方債です。

でも購入したくても条件が決められている場合が多くミニ公募債(住民参加型市場公募地方債)を発行する自治体に住んでいるなどが条件になったりするので購入できない事もあります。

債券 種類

民間債について

民間債は会社が発行する社債やCBと言われ、株式と交換ができる転換社債型新株予約権付社債などがあります。

公共債と比べると社債は金利が高いので、その分利益になるんですが信用力に注意をしないと逆に損をしてしまう可能性もあります。

債券 種類

外国債について

外国債といわれる債券は、外国の政府機関や会社が発行しています。

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券について > 債券の種類

ページのトップへ戻る