債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 債券にかかる税金

債券にかかる税金

債券で発生した利益は税金が発生します。

日本の債券と外国の債券でどういった税金があるのか紹介します。

日本の債券にかかる税金

債券 税金

日本の債券で得られる利益は利子と途中で売却した利益と償還差益です。

この中の利子で得た利益には20%源泉分離課税が適用されます。

それから債券を途中で換金した場合は、換金する前の利子の支払い日から換金するまでの日にちに応じた利子ももらえたりするんですが、その分の利子も20%が控除された金額になります。

償還差益は購入した価格が額面金額より安くて、満期の時にその差額で出た利益のことですが、償還差益は雑所得として総合課税になるので確定申告が必要になるんですが、給与所得がある人で給与収入が2000万円以下で給与・退職所得以外の合計が20万円以下の人は申告が不要です。

それから途中で売却した利益は非課税になります。

外国の債券にかかる税金

債券 税金

外国の債券にかかる税金は、日本とほとんど同じ課税です。

違う点といえば経過利子については、外国の債券の場合は源泉税相当分の控除はありません。

それと為替差益は雑所得として総合課税されますが、途中で売却した時には非課税になります。

でもゼロクーポン債を換金した時の売却利益は、譲渡所得として総合課税になります。

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 債券にかかる税金

ページのトップへ戻る