債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 外国の債券投資で円高が気になる

外国の債券投資で円高が気になる

債券 円高

外国の債券に投資してみようと思ってはいるけど為替の動きが気になってどうしようかと思っている人は多いと思います。

債券が満期のときに円高になっていれば損失になるかもしれないからです。

たとえ長期運用してカバーしようとしても、為替の変動リスクの影響は多少なりとも受けてしまいます。

でも、この為替によるリスクをある程度ですが軽くする方法があります。

それは債券が満期になったら返ってくるお金をすぐに円に換金しないで外貨のまま受けとるという方法です。

外貨でお金をもらって、円高から円安になるのを待っていれば満期の時に円高だったために為替の変動で損をしたという事も無くなると思います。

外貨建てMMFとは

外貨建てMMFというのは、高い格付けの債券で運用されている投資信託のことなんですが、この外貨建てMMFを使って円安になるのを待つという方法です。

他にも満期の時だけではなく、利子をもらった時にもこの方法は使えます。

たとえば以前購入した外国の債券が満期になったが、ちょうどその時期は円高だった場合に、その時の償還金を外貨のままで外貨建てMMFに移して円安になるまで待つという方法です。

債券 円高

外貨建てMMFは種類もたくさんあって米ドル・ユーロ以外にもニュージーランドドルや豪ドルなんかもあります。

ですが、この方法は債券の満期後にすぐ何かにお金を使う計画がある場合は向いていないです。

円安になるのを待てる位の余裕のある資金で行うようにして下さい。

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 外国の債券投資で円高が気になる

ページのトップへ戻る