債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 債券の社債について

債券の社債について

同じ債券でも国が発行するのが国債といわれ、会社が発行する債券を社債といいます。

社債について

債券 社債

この社債はとにかくバリエーションが豊富にあります。

個人向けの社債でよくあるのが10万円・50万円・100万円で購入できるもので、満期までの期間は5年が多いです。

利子の支払いは国債と同じで年2回が多いです。

一番重要な金利ですが、基本的には国債などより高い社債が多いです。

ですが、いつ発行するのかは特に決まっていなくて不定期なので、いつ発行されるかなどの情報は常に調べるようにしていないといけません。

ただ社債は国債などに比べるとリスクが高いと言うのを覚えておいて下さい。

一番注意しないといけないのが社債の信用力です、社債を購入前は格付け会社の格付けを必ず確認するようにして下さい。

それから、社債を途中で換金する時は社債を購入した証券会社に買い取ってもらう場合が多いので、元本割れになる可能性が高くなる事も覚えておきましょう。

CB(転換社債型新株予約権付社債)について

CB(転換社債型新株予約権付社債)とは、これを保有していると会社の株式に転換する事が出来るという仕組みの債券です。

CB(転換社債型新株予約権付社債)が発行される時に前もって決められた転換価格で株式と交換してもらえます。

転換社債型新株予約権付社債

どういう事か説明すると額面金額が1000円で転換価格が1000円のCBを10万円ほど購入したとして、このCBを株式に転換したとすると100株交換できるという事です。

これでどうやって利益を出すのかというと株価が上昇した時に株を売却しての利益になります。

転換価格が前もって決められているので、株価がいくらであっても1000円で転換してくれる事になります。

だから株価が1400円だったとしても、CB(転換社債型新株予約権付社債)のおかげで1000円で10万円分の株と交換できる訳です。

なので、この場合だと4万円の利益という事になります。

だからと言って必ず株式に転換しないといけない決まりはありません。

株価が上がらない場合はずっと保有して利子をもらう事もできます。

でもこのCB(転換社債型新株予約権付社債)は社債を株に転換できるというメリットがあるので金利はかなり低いか金利ゼロの場合が多いです。

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 債券の社債について

ページのトップへ戻る