債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 個人向け国債について

個人向け国債について

個人向け国債

最近個人投資家で人気がある債券に個人向け国債という国債があります。

この個人向け国債は普通の国債とは違って個人での利用がしやすい債券です。

それはなぜかと言うと購入単位が1万円からと少ない金額で購入できるところです。

他にも個人向け国債を購入して一定の期間が経過していれば、額面金額で買い取ってくれるので価格変動リスクが無いところなどです。

個人向け国債の種類

個人向け国債には、満期までの期間が5年のものと10年のものの2種類があります。

どちらも年に2回の利子がもらえるのと満期になったら元本が返ってくるという仕組みは同じですが、金利と中途換金手数料がそれぞれ違う条件になっています。

個人向け国債

金利の違い

満期までの期間が5年の個人向け国債は金利が満期まで変動しない固定金利型の債券です。

金利はその時の中期国債の金利から0.05%マイナスされた金利になります。

満期までの期間が10年の個人向け国債の場合は、5年ものとは違って変動金利型の債券になります。

金利は、その時の長期国債の金利から0.8%マイナスされた金利になり、その金利は常に見直しされて変動していきます。

中途換金手数料の違い

期間が5年の個人向け国債は原則2年は解約できない事になっていて、その後から中途換金をする場合は直近4回分の利子が中途換金手数料として引かれます、なので換金すると利益はほとんど無しになるので、よほどの事が無い限りは満期まで保有していた方が良いことになります。

期間が10年の個人向け国債の場合だと、購入から1年経過しないと中途換金できません。

しかも換金する時には2回分の利子が中途換金手数料として引かれます。

という事でどちらにしても基本的には換金すると利益はほとんど無くなってしまう状況になって、なんのために国債を購入したのか分からなくなってしまうので、本当によほどの事が無い限りは換金はしない方が良いです。

スポンサードリンク

債券投資の初心者ガイド > 債券投資をする前に > 個人向け国債について

ページのトップへ戻る